ALS対応型賃貸マンションAILIS リトルバード訪問入浴センター 永山訪問歯科 ニコニコ訪問看護ステーション てらかど診療所 ヘルパーステーション サルビア

ごあいさつGreeting

AILISは、基本一人の患者様に一人のヘルパーが側にいての介護を行います。

AILISは、基本一人の患者様に一人のヘルパーが側にいての介護を行います。


澤田聖子さん(人工呼吸器装着4年 AILIS入居3年)
AILISは、1対1でヘルパーさんが側に居てくれるので、信頼関係が築きやすく安心でき、ケアー内容も充実していると思います。
病院の、事務的・業務的なケアーとは全然違いすぎます。

吸引、配位変換など、すぐ側に居てくれているので、すぐに対応してもらえるのは非常に心強いです。
私の場合は、ほとんど同じヘルパーさんが変わらず来てくれているので、コミュニケーションが取りやすく、地震の時なども安心して過ごせました。

また、もしも入院になった時には、新たな制度を利用して変わらず来てくれると聞き、なお安心しております。


松原敬さん(人工呼吸器装着希望 AILIS別館入居1年)
ALS患者が入院せず(在宅で)住める環境はここにしか無いと思っています。
現在は、日中はデイサービスに行き、夜間帯はヘルパーさんがコールすればすぐ近くに居てくれているので、すぐ対応していただけるので安心して暮らせています。

部屋も広さがあり、インテリアなども思い通りに出来るので、施設とは違い、自分の家だと思って生活しています。

ヘルパーさんには刻み食を作ってもらい、朝夕は自宅で、お昼はデイサービスで入浴・食事をしています。
ご飯がとてもおいしく、毎日お風呂に入れるのが嬉しいです。
 

充実の設備をご用意Equipment introduction

ALS患者様とご家族様が、安心して生活していただけるように・・・

トイレ

トイレ

浴槽

浴槽

室内

室内

AILIS(アイリス)とは
ALS:筋萎縮性側索硬化症に対応した賃貸マンションです

オーナーからALS患者様とご家族様へ

病院や施設ではご家族様中心のケアは難しく、思っているようなケアをして頂けないのが現状。しかし、自宅の介護になるとヘルパーや訪問看護に入ってもらっても、気兼ねをして結局は付き添うことになり、ご家族様の負担は軽減されていないのではないですか?

その上、気管切開や人工呼吸器を付けた患者様は意思疎通が困難となり、家族以外の人の介護を拒否しがちとなります。

AILISはそんな患者様やご家族様の気持ちを十分に理解し、在宅医療を、安心して過ごせる体制でご家族様と協力しながら患者様が安心して過ごして頂ける場所を提供します。